寺の僧侶(46)を大麻所持の現行犯で逮捕 大麻所持の疑いを把握し家宅捜索 

2024年02月12日 13:39更新

2月12日の午前、由布市の46歳の僧侶の男が自宅で乾燥大麻を所持していた現行犯で逮捕されました。

大麻取締法違反で現行犯逮捕されたのは由布市湯布院町川上の僧侶、日野悠容疑者46歳です。

警察によりますと、日野容疑者は12日の午前10時半ごろ、由布市内の自宅で乾燥大麻を若干量所持していたということです。

警察では事前に日野容疑者が大麻を所持している疑いがあることを把握していて、12日、自宅の家宅捜索に踏み切り、逮捕に至ったということです。

日野容疑者の認否については明らかにしていません。

警察は日野容疑者が大麻を所持していた経緯や余罪について追及することにしています。

最新のニュース